Choose a language:
ホーム > タイ王国について > タイ映画 >
ニュースレター
ビザ
領事
大使館について
大使
外交官
所在地・業務時間
大使館の休館日
大使館の活動
大使館関係機関
タイ王国について
スピーチ・政府発表
日タイ関係
タイ・日間草の根交流の紹介
タイカルチャー
FAQ
タイ映画 
 
 

タイ映画関連イベント

今後公開を予定されている映画

日本で 2000年以降に公開されたタイ映画作品

タイ映画関連のタイ大使館の活動



映画関連情報・イベント

 

《今後公開を予定されている映画》

Innocence -  デック~子どもたちは海を見る  - ※2007年12月22日(土)~ 渋谷Q-AXシネマにて特別上映
 ボランティアグループ「地球市民の会かながわ」 が協力しているチェンマイ県メートー村学校の修学旅行をメインテーマに、それまでに起こった様々なことにスポットを当て、山岳民族の子ども達の苦悩と現状、プラヨーン校長の生き様、先生方の惜しみない生徒への愛情を描いた愛に溢れた作品。
監督: ポップ ・ アリヤー ・ チュムサイ、ニサ ・ コンスリ
公式サイト : http://tpak.org/dek/home.htm
ロケットマン

『マッハ!』、『トム・ヤム・クン!』など、次々にアクション映画の常識を打ち破り、今やハリウッドが注目するタイ・アクションから、新たなスーパー・ヒーローが飛び出した!神出鬼没なそいつの名は・・・“ロケットマン”! 膨大なロケット弾と自らの肉体を武器に、牛泥棒たちから牛を奪い返し、貧しい農民を助ける、謎の男“ロケットマン”。素顔をターバンで隠し、国中を放浪する彼の目的はただひとつ。胸に刺青がある男に殺された、両親の仇を取るためだった!

出演:ダン・チューポン、パンナー・リットグライ、プティポン・シーワット
監督:チャルーム・ウォンピム
公式サイト:http://www.rocket-man.jp/
『レター 僕を忘れないで』

バ ンコクでプログラマーとして働くデュウは、祖母の葬式で訪れたチェンマイでトンと出会う。惹かれ合った二人は遠距離の愛を実らせ、結婚する。しかし、二人 の愛に溢れた幸せな生活は永遠に続くものではなかった。非常な運命によって引き裂かれた二人が悲しみを乗り越える愛の物語。韓国映画「手紙」( 1997年)のリメイク作品。
出演: アタポーン・ティマゴーン、エーン・トーンプラソム、その他
監督: パウーン・チャンタラシリ

http://www.letter-movie.jp/
キャンペーン情報

インビジブル・ウェーブ

香港のレストランで料理人として働くキョウジは、店主であるボスの妻の殺害を命じられる。任務を果たしてタイのプーケット島へ逃亡するが、船上で出会ったミステリアスな女性ノイとその娘の赤ん坊ニドへの愛情によって、罪悪感で混沌としていた彼の魂は、ひと時の安らぎを覚える。しかし、運命は思いがけず複雑に絡まっていた・・・・。
出演:浅野忠信 監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン
脚本:プラープダー・ユン 撮影:クリストファー・ドイル

<http://www.cinemart.co.jp/iw/

レベル・サーティーン

ある、破産寸前の男にかかってきた一本の電話。それは13のゲームをクリアすると最大3億円の賞金が手に入る!最初のゲームは蠅を叩き落すという、簡単なゲームから始まるのだが、金額が上がる程にどんどんエスカレートしていく。金と尊厳、お前はどちらを取るんだ!という一人の男の人間性が試される映画。
出演:クリサダ・スコシル・クラップ
監督:マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル
http://level-13.jp/

 

 

 ホーム  |  サイトマップ  |  所在地・業務時間  | リンク
ホームページの画面が文字化けしていたり、真っ白で読めない場合は、ここをクリックして下さい。
 
All Rights Reseved.Technical troubles, please contactwebmaster@thaiembassy.jp