img_4716

2009年9月4日、三井住友銀行丸の内クラブにて在京タイ王国大使館、財団法人日本タイ協会、日本タイクラブ主催、外務省、日本メコン交流年2009事業、 日本経済新聞社後援の「タイ」フォーラム:タイの魅力-タイは私をなぜ虜にしたのか?-が開催されました。 赤木攻教授を始め、川嶋辰彦教授、木村滋世先生、いとうまい子さん、内藤陽介氏がパネリストとして出席しました。来場者数は130人でした。

 今回のフォーラムは日本人のタイに対する意見交換を目的としました。多くの参加者は5回以上タイを訪れたことがある人たちです。主な意見としては、タイ人の性格に魅せられ何度もタイへ遊びに行ったというものでした。また、昔の日本を蘇らせる要素や日本にはない自然体がタイにはあり、そこに魅力を感じ、繰り返しタイに足を運んだということが明らかになりました。

参加者はタイで最も魅力的なのはタイ人であり、絆を感じたと指摘しました。また教師に対する敬意も印象に残り、タイ社会を映し出しているとも言えるタイ料理等もタイの魅力だと考えています。一方、タイに対する心配としては、政情混乱による社会の変化が挙げられます。今後、日本とは異なる独特のタイの人・社会・国の魅力を維持していくことが期待されます。

フォーラム内容要約

 

head.jpg 
01.jpg 02.jpg 
03.jpg 04.jpg 
05.jpg 06.jpg 
07.jpg 08.jpg 
09.jpg 0a.jpg 
0b.jpg 0c.jpg 
all.jpg