在京タイ王国大使館にて日本人と養子縁組する際の申請について

養子となるものが成人の場合養親となるものは年齢が25歳以上で、養子より15歳以上年上でなくてはいけません。

養子となるタイ国籍者の書類
1.   申請書
2.   調査記録書
3.    パスポート原本とそのコピーを1部。(顔写真のあるページ、有効期限延長の印のあるページ、名字変更記載のあるページ、在留資格がある場合は、滞在資格押印のあるページ)
4.    国民身分証明書原本又はその代わりになる、タイ公的機関が発行した認証印付き顔写真が添付されている人物証明書原本とその裏表のコピー1部。
5.    タイ住居登録証原本、もしくはタイ市役所認証印のある謄本とそのコピーを1部。
6.    氏名を変更したことがある場合は、氏名変更証明書の原本とそのコピー1部。
7.    在留カードとそのコピーを1部。
8.    写真1枚(3×5cm)
9.    婚姻している場合は、婚姻証明書とそのコピーもしくは家族身分証明書とそのコピー1部。また、養子縁組の同意のため、配偶者は大使館で署名しなくてはいけません。(配偶者がタイにいる場合はタイ市役所で同意書を申請し、タイ外務省国籍認証課の認証を受けてください。認証を受けてから3ヶ月以内使用可)配偶者も養子となるものと同じように書類を用意して下さい。
10.    過去に離婚したことがある場合は離婚証明書とそのコピー、もしくは家族身分証明書とそのコピー1部
11.    タイ市役所で発行された「独身証明書」の原本(タイ外務省国籍認証課の認証済みのもの。また、認証を受けてから3ヶ月以内のもの)離婚歴がある場合、「離婚後再婚していないことを示す証明書」の原本(タイ外務省国籍認証課の認証済みのもの。また、認証を受けてから3ヶ月以内のもの)

 

養親となる日本国籍者の書類

1.   申請書
2.   調査記録書
3.    パスポート原本とパスポートの氏名欄コピー1部、もしくは運転免許証原本とその裏表のコピー1部。
4.    戸籍謄本 1部(外務省領事局証明班の認証済みのもの。また、認証を受けてから3ヶ月以内のもの)
***認証に関する問い合わせ先 外務省領事局領事サービスセンター証明班 電話 03-3580-3311 内線2308、2855***
5.    会社発行の在職証明書(原本) 1部。(公証人役場と外務省領事局証明班の認証済みのもの。また、認証を受けてから3ヶ月以内のもの)
6.    3ヶ月さかのぼった所得証明書 1部。(公証人役場と外務省領事局証明班の認証済みのもの。また、認証を受けてから3ヶ月以内のもの)
7.    納税先の市・区役所から発行された市・区民税納税証明書 1部。
8.    写真1枚(3×5cm)
9.    婚姻している場合は、養子縁組の同意のため、配偶者は大使館で署名しなくてはいけなせん。配偶者も上記の1番と6番の書類を用意してください。

配偶者がタイ国籍の場合、養子となるものと同じように、1番から7番の書類を用意して下さい。(申請書調査記録書


注意;    
1. 証明書の正確性を期すため、場合により追加書類が必要となります。