img_4716

当初から国家平和秩序維持評議会(NCPO)は平和と秩序を維持することに主眼を置く一方、国に完全に機能し持続可能な民主主義をもたらすための包括的な改革にも着手しています。

NCPOは和解、改革、選挙からなる3段階の行程表を発表しています。現在、暫定憲法が完成し、この7月に発効する予定です。その後、国家立法会議が設立され暫定政権が一ヶ月以内に発足、本年9月から職務を開始します。それに加えて、国内の全ての社会、専門分野から選出されたメンバーからなる国家改革会議が、本年10月始めに設置され、業務を開始する予定です。憲法起草委員会は10ヶ月ほどかけて新憲法を草稿する予定です。新憲法はしたがって暫定憲法が発効後12ヶ月以内、すなわち来年の7までには完成することになります。新憲法が導入されれば、その後来年10月には総選挙が行われる見込みです。

一方でNCPOは、経済を発展させることや、汚職や違法賭博、違法な武器の所持、犯罪組織・活動の撲滅といった社会や社会的幸福への脅威を是正することなどタイにとっての主要な課題の解決にも取り組んでいます。

治安を強化するために、暴力や組織的犯罪をなくし、多くの地域で一般市民がより安全に安心に生活できるよう、軍、警察はこれまで国内の軍事品にあたる武器の大量押収、麻薬組織を含め頻発する犯罪の押さえ込みなどに成功しています。

国家機能を正常化するために、5月22日以来、官僚は通常業務を再開、2014年度歳出予算の執行や2015年度の優先事業など、早急に対処すべき課題から取り組んでいます。国有企業の管理は効率、透明性、説明責任を達成するために改革が行われ、専門性や経験など名実共に資質のある人物が経営者や役員に選出されました。

経済基盤を改革するために、NCPOは全ての関係省庁と連携し、タイ商工会議所や在タイの外国の商工会議所とも対話をし、インフラ開発、農業生産、中小企業という3つの重要分野に関して、政策を立案していきます。2015-2022年間の2.4兆バーツ(8000億ドル)の歳出がアセアン連結性のハブとしてのタイの元来の有望性を強化するための交通インフラ開発向上に当てられます。

和解と改革に着手するために、全ての関係者の意見交換や対話が建設的な雰囲気で行われるようNCPO はファシリテーターとして努めています。NCPOの改革作業部会は11にまたがる分野の学者や民間部門から意見や提言を集めました。これらには、1) 汚職 2) 法律3) 行政4) 司法プロセス 5) エネルギー 6) 基本インフラ開発 7) マスメディア 8)教育と学習 9) 倫理と美徳 10) 経済・社会的格差 11) 土地、水、天然資源の分配が含まれます。

全体的に、タイの現状は一般国民および経済界の満足度にも表れているように、より平和で安全になっています。。消費者信頼感指数はこの14ヶ月で初めて57.7ポイントから60.0ポイントに上昇しました。タイの工業景況感指数は85.1ポイントに上昇し、この7ヶ月で初の上昇です。観光分野も回復を見せ、観光客数は引き続き増加傾向にあります。

当初から国家平和秩序維持評議会(NCPO)は平和と秩序を維持することに主眼を置く一方、国に完全に機能し持続可能な民主主義をもたらすための包括的な改革にも着手しています。

NCPOは和解、改革、選挙からなる3段階の行程表を発表しています。現在、暫定憲法が完成し、この7月に発効する予定です。その後、国家立法会議が設立され暫定政権が一ヶ月以内に発足、本年9月から職務を開始します。それに加えて、国内の全ての社会、専門分野から選出されたメンバーからなる国家改革会議が、本年10月始めに設置され、業務を開始する予定です。憲法起草委員会は10ヶ月ほどかけて新憲法を草稿する予定です。新憲法はしたがって暫定憲法が発効後12ヶ月以内、すなわち来年の7までには完成することになります。新憲法が導入されれば、その後来年10月には総選挙が行われる見込みです。

一方でNCPOは、経済を発展させることや、汚職や違法賭博、違法な武器の所持、犯罪組織・活動の撲滅といった社会や社会的幸福への脅威を是正することなどタイにとっての主要な課題の解決にも取り組んでいます。

治安を強化するために、暴力や組織的犯罪をなくし、多くの地域で一般市民がより安全に安心に生活できるよう、軍、警察はこれまで国内の軍事品にあたる武器の大量押収、麻薬組織を含め頻発する犯罪の押さえ込みなどに成功しています。

国家機能を正常化するために、5月22日以来、官僚は通常業務を再開、2014年度歳出予算の執行や2015年度の優先事業など、早急に対処すべき課題から取り組んでいます。国有企業の管理は効率、透明性、説明責任を達成するために改革が行われ、専門性や経験など名実共に資質のある人物が経営者や役員に選出されました。

経済基盤を改革するために、NCPOは全ての関係省庁と連携し、タイ商工会議所や在タイの外国の商工会議所とも対話をし、インフラ開発、農業生産、中小企業という3つの重要分野に関して、政策を立案していきます。2015-2022年間の2.4兆バーツ(8000億ドル)の歳出がアセアン連結性のハブとしてのタイの元来の有望性を強化するための交通インフラ開発向上に当てられます。

和解と改革に着手するために、全ての関係者の意見交換や対話が建設的な雰囲気で行われるようNCPO はファシリテーターとして努めています。NCPOの改革作業部会は11にまたがる分野の学者や民間部門から意見や提言を集めました。これらには、1) 汚職 2) 法律3) 行政4) 司法プロセス 5) エネルギー 6) 基本インフラ開発 7) マスメディア 8)教育と学習 9) 倫理と美徳 10) 経済・社会的格差 11) 土地、水、天然資源の分配が含まれます。

全体的に、タイの現状は一般国民および経済界の満足度にも表れているように、より平和で安全になっています。。消費者信頼感指数はこの14ヶ月で初めて57.7ポイントから60.0ポイントに上昇しました。タイの工業景況感指数は85.1ポイントに上昇し、この7ヶ月で初の上昇です。観光分野も回復を見せ、観光客数は引き続き増加傾向にあります。